ドーパメント [ DOPAMENT ]

ドーパメントとは:
ガイアメモリの力は、人体にドーピング(注入)することで、その人間を「ドーパント」と呼ばれる怪人へと変貌させる。
その力は、ガイアメモリに記録された「地球の記憶」を転換したものである。

そのため、「地球の記憶」を定着するドーピングのメカニズムが解明されれば、 各メモリ特有の元素(エレメント)に記憶を注入させることで、人体を介さない怪人態を錬成することが可能となる。

こうして誕生したのが、ドーパント + エレメント = ドーパメントであるのだ。
ドーパメント:
2010年4月制作
  制作中
  制作中


ドーパメント制作動機:
S.H.フィギュアーツWの発売に伴い、な〜にか一緒に遊ぶネタが欲しいな。と思う今日この頃。
仮面ライダーを改造しても、すぐに発売になりそうで改造できない今日この頃。
それならば、ドーパントを作っちゃおう♪
というのが発端です。

しか〜し、
  • フィギュアーツは素体にするには、ちょっと高額
  • 怪人は、改造箇所が多いので、作るのに時間がかかる
というデメリットがありました。

う〜んと、考えながらふと振り向くと、そこには音撃戦士の改造用に購入した、大量の装着変身響鬼の素体が・・・
今となっては、サイズ・可動範囲共にフィギュアーツと遊ぶには物足りず、捨て行く運命にある鬼の皆さまです。


こんな感じ。未開封も含めればさらに山盛りに (^^ゞ

・・・

そうだ!!!
なら、これでドーパントを作ってしまおう♪♪

と思い立ったのが動機ですw
どうせ、素体のサイズが合わないのだから、徹底的に手を抜いてしまいます。
多少なんちゃってでも、大量のドーパントを揃えれば、きっと楽しいのではないでしょうか (*^-^*)

かくして、制作に踏み切ることにしました。(^-^)v
とにかく、
  • Wの放映終了までは、月に一体は作成する
  • ドーパントではない、別物だと考えて、細部にこだわらない
  • 基本、頭部と胴体のみで、手と下半身の改造はしない
という質より量を優先するルールにしようと思います。

かくして、「ドーパント」とは似て非なる「ドーパメント」が脳内で誕生しました♪
さぁ、今度は、実現できるのでしょうかw


風都博物館
inserted by FC2 system