ジップロットマシン vol.1 ジップランダー
ジップロットマシン vol.1 ジップランダー
商品データ
番号 BS-27
商品名 ジップロットマシン vol.1 ジップランダー
発売日 2012/12/28
値段 \1,575
内容 ジップロットマシン ジップランダー本体
取扱説明書
ミニビースト
  • ライオーガ
  • レパーミント
  • マインドリール
2012年12月末、年明けのアニメ放送を直前にして、ついにビーストサーガのビークルシリーズが発売になりました。
サイコロ型(正方形)のジップロットから、マシンへと自動変形するジップロットマシンシリーズです。

ゼンマイで、ジップロットからマシンへと、ボタンひとつでワンプッシュ自動変形します。

ただ、通常のダイスバトル用のビーストとは明らかにサイズが異なり、同時に遊ぶ事は想定されていません。
重装戦闘マシン・ジップランダー出撃!!

ジップロットマシンシリーズ。
まぁ、悪口は書こうと思えば山ほどかけるのですが、あえて言うまでもないかと思い控えめに (-_-;

値段相応の価値があるとは思えません。

ジップスカイダーが思ったよりネタとして使えたのでw
こちらも購入してみました。
せっかくなのでご紹介します。
こちらから見る人もいるかもしれないので、気になる大きさを。

ジップロット(立方体)状態で、5cm 四方の大きさです。

付属するミニビーストが 2cm 程度。

小さいです。
付属するミニビーストの紹介を最初に。

2cm 程度の小粒にしては細かく造形されています。

左から、
  • レパーミント
  • ライオーガ
  • マインドリール
です。
マインドリールは初立体化ですね♪
こういうちょっとした変化球は嬉しいところです (*^-^*)

たなみにマインドリールとはグロリア王国の内務大臣で、モリークとなんか悪だくみしてそうな奴ですね。

その名のとおりマンドリルですね。
組み合わせ的には、ビッグセロウに入って欲しかったところですが、 王政の内部要員という意味ではこれもアリですね。

戦車に乗る内務大臣ってのも凄いですけどねw
さて、本題のジップロットマシンの方に話を戻します。

ライオーガと比較するとこのくらいの大きさです。
5cm 四方ですからね。

メカニカルなモールドが全面に入っています。
サイドと裏面。

底面。

車輪が覗いていますね。

上下に四本足が展開して車輪が露出します。
ジップランダー状態。

ジップロットからワンボタンで、自動的にここまで展開します。

最初にじりじりとゆっくり車輪が前後に展開して、最後にパシャッと前部・後部・側部パネルが一斉に開きます。

特に追加の手順はなく、自動で変形完了です。
展開方法は見たまんまなので、特に追加説明が必要とは思いませんが。

ロックが外れているのをライオーガに抑えてもらいました。
こんな感じです。

ちなみに、右足の下にある黄色いボタンが、展開ボタンです。
ミニビーストは、本体中央の手すりの間に搭乗します。

固定するレールがあり、その間に挟み込みます。
ちょっとキツめでしっかりはめるのは面倒です。

縦に二人(二匹?)まで並べられます。

ちなみに前部パネルには水平な部分がないので、安定してミニビーストを乗せるのは難しいです。
後部デッキにも、一体ビーストを搭載するスペースが用意されています。

この後部デッキにはショベルというか、敵を挟み込むギミックがあるのですが・・・
ショベルをフルに展開してもここまでです。

これで何をどう掴めというのでしょうか??
これに捕まる敵ビーストってのは、そうとうマヌケな奴だと思うのですが・・・

ジャイロの監獄ギミックの方が、まだまともな気がしますw
展開時、側面から。

フルに展開するとそれなりの大きさになりますね。
武装は、後部ロケットミサイル二発と、側部のガトリングガンです。
前から見ると、ほとんど視界が無いことが分かりますw

まぁ、攻められるほうからすると、こんな鉄の塊が迫ってきたら驚異ですけどね。
運転する方は、視界悪くて安全運転どころじゃありません。(^^;

戦車っぽいと言えば、戦車っぽいのか?
ちなみに、ゼンマイギミックのからくりは写真の黄色いパーツです。

これは、ゼンマイを開放した状態。
車輪が広がるマシンモードです。

黄色いフックが開放されて、ボタンが上にあがっています。

こちらは、車輪を閉じてゼンマイを巻いた状態。

黄色いフックが手前に来て前部パーツをロック可能になっているのが分かります。

また黄色いボタンも下に沈み込んでいます。

前部パーツからオレンジの突起が飛び出ていますが、これが上部のオレンジのボタンのパーツです。
上部ボタンを押すと、このオレンジの突起で黄色ボタンをさらに奥に押し込みます。
するとロックが外れて、ゼンマイが開放される仕組みです。

以上、ジップロットマシン vol.1 ジップランダーでした。

ゼンマイでゆっくりと展開する様は、面白いですが、一回見れば十分です。
\1,500 払って見るほどのものかというと・・・

買う前から分かってはいましたが、個人的には外れアイテムです。


おもちゃの庭


inserted by FC2 system