チブル星人エクセラー(SD)(改)
[ ALIEN CHIBULL EXCELLER (SD) ]
ウルトラ怪獣DX シリーズのチブル星人です。

「ウルトラマンギンガS」の敵役として2014年8月現在、絶賛侵略活動中のお方です。

また最近の流れとしては、○○星人という呼び名が名前から種族名へと変わってきています。
このチブル星人も、「エクセラー」なる個体名が付けられています。
キャラの使いまわし前提の仕様ですねw

商品 発売日 値段
ウルトラ怪獣シリーズDX チブル星人エクセラー(SD) 2014年08月 \1,500

ちなみに、ウルトラソフビの主流は500シリーズとなり、サイズも値段も小さくなりました。
従来の歴史あるウルトラソフビシリーズは一旦終焉を迎えています。
かわりに、大きめサイズのキャラはDX版として、サイズも値段も高めに発売されています。

本商品は、そのDX版としてのリリースですね。
チブル星人は、知能型の宇宙人なので、このエクセラーは「チブローダーストロング」というパワードメカ に乗りこんでいます。
本商品は、そのパワードメカ毎ソフビ化しているのが面白いところw

細かいモールドまで作り込まれているのは、いつも通りで抜かり無し (^-^)
しかも、DX版だけあってシルバーまで全塗装されています。
その為、見た目が凄くキレイです♪

また、ソフビのシリーズではありますが、これまでのような中が空洞なウルトラソフビではなく、 みっちりと塩ビが詰まっています。
その為、ソフビのつもりで持つとズッシリくる感じはあります。
超合金ほどではありませんので、念のためw
今回の売りは、チブル星人の搭乗ギミックw

コクピットの風防が稼働して、中のチブル星人が取り外し可能になっています。
可動は残念ながらほとんどなく、足が前後に動くくらいです。

まぁ、ソフビのシリーズなので (^^;
いちおう、腕の付け根も回転はします。

ただ、付け根は部分が肩アーマーの曲線に合わせた形状になっており、本来は可動させるべきものではありません。
ただ、組み立ての都合上別パーツになっているので、無理やり回せば少し動かないこともない。
その程度の可動だと思って下さい。
大きさは、いわゆるウルトラソフビサイズです。
ただ、形状から背はやや低く、横幅はかなり大きめです。

ギンガの劇中でも(正確には分かりませんが)パワーローダーは結構巨大な雰囲気があるので、 500シリーズとだと丁度良いサイズ対比になるのかもしれません。

比較の為、500ソフビ(ルギエル)と ULTRA-ACT(ネクサス)と並べています♪
ちなみにチブル星人を取り外すとこんな感じです。

足回りの造形がおざなりなのは、まぁ仕方ないかなw

顔の造形とかは愛嬌と狡賢さの共存するチブル星人らしさが良く出ていると思いますw
ただ、パワードメカの可動範囲が狭いのがやっぱり残念なので、ちょっとだけ可動改造してみました(^^v

肘関節にリボ球を仕込んでいます。
つけるとこんな感じ。

もうちょっと彫を深くして関節が埋め込まれる感じにすると尚良いでしょうね。

今回は、1時間と時間を決めてやったので、ここで打ち止めにしています (^^ゞ
動かすと関節はほとんど気にならなくなります。

しょせん、肘が動くだけなので可動の幅は微々たるものですが、表情の幅は格段に広がりますよ (^-^)

肩や膝など、手を入れたくなる箇所は多々ありますが、それなりに大規模な改造になりそうなので止めときます (^^ゞ
「私のチブローダーストロング、
売り切れる前に買うのです」
以上、ウルトラ怪獣DX チブル星人エクセラー(SD)でした♪

放映中の番組から旬の敵キャラのリリースってのは良いですね (^-^)
こんなんよりは、ULTRA-ACT ビクトリーが欲しいのですがww

ウルトラソフビとして考えるならば、ちょっとお高いですが、ギミックもありそれなりに遊べます。

ULTRA-ACT とからめることもできますし、このシリーズの応援って意味も込めて、買って遊んであげるのも良いかとw

お薦め度: ★★★★☆






GO BACK TO SAIBIKAN

inserted by FC2 system