高次元捕食体 ボガール [ BOGAL ]
EX シリーズ、ボガールです。

ウルトラマンメビウスに登場した序盤のボスキャラです。
メビウス放送当時の 2006年にソフビは発売になりました。
以降、絶版状態でしたが、列伝でウルトラマンメビウスが放送されたのに合わせて、2012年5月にソフビもEX シリーズとして再販されました。

商品 発売日 値段
ウルトラ怪獣シリーズEX ボガール 2012年05月 \840

ちなみにメビウスは TBS 系列で放送され、同系列のCBC(中部日本放送)が権利を持っていたそうです。
その為、テレビ東京系で放送される「ウルトラマン列伝」の中では放送できなかったそうなのですが、 2012年3月いっぱいでCBCの権利が切れて、4月から列伝内でメビウスのエピソードが流れるようになったとのことです。
まぁ、大人の世界ですから色々ありますよね。
様々な生命体を捕食するという本能の命ずるままに行動しつつも、人間に擬態したり餌場を決めて怪獣を呼び寄せたりする知性を併せ持つ。
怪獣とも宇宙人の中間のような高次元捕食体です。

宇宙人ではなく、こういう知能を持った怪獣(?)がボスを務めるってのは珍しいパターンですよね。
パッと思い浮かぶのは怪獣酋長ジェロニモンですが、あれも単発の登場で大して強いようにも思えない活躍ですし。
ちょっと他には居ない存在なように思います。

爬虫類を思わせるデザインとも相まって、 知性はあるけど、話は通じそうもない的な映画のエイリアンみたいな怖さがある怪獣だと思います。
頭部アップ

こんな顔してたんだ! と思わせる細かい造形です。

ちなみに、所有していませんが、2006年当時に発売された版では、口元に赤いラインが入っていて口が分かるようになっていたようです。
これだとどこが口か良く分かりませんね (^^;
後頭部から。

首が別パーツになっているのが分かります。
もちろん接着してあり動きません。

ウロコ模様とか、とにかく造形が細かいのが凄いですね。

ただ背中の模様がちゃんと塗装されていませんね・・・ (^^;
ボディ。

血管が浮き出たような細かいモールドまで完全再現。
モールドを引き立てるグレーなボディも良いんでしょうね。

なかなか生々しくてカッコいい造型です。
腕はこんな感じ。

三本爪に、掌の肉球(?)のような部分までカッチリと作り込まれています。

ちなみに、旧版では掌まで塗装されていたようです。
省略されています。
捕食に使う、背中の大きな翼(口?)の中も、細かく作られています。

しかし、脇を上げると、血管模様の塗装が途中までで省略されているのが見えてしまいます。(^^;
翼の縁に生えている爪も旧版では塗装されていたようですが、成型色のままです。
まぁ、コスト削減という意味では仕方ないのかもしれません。

そして、この商品の凄いところはその造形だけでなく、パーツ分割の工夫ですね。
通常の腰では無く、胸で分割されるようになっています。
パーツ分割の妙は、この背中に活きてきます。

大きく翼(口?)を広げた背中は、胸部パーツと一体化しており、ワンパーツで造形されています。
首のところに切れ目が入っていますが、それ以外は切れ目なく美しい背中です♪

・・・塗装省略が甚だしいですが orz

旧版との一番の塗装の違いはこの背中ですね。
旧版では黒の墨入れを含め塗装はバッチリ施されています。
赤いラインが無数に走り、はるかに毒々しい印象の背中になっています。
今では入手困難ですが、美品を見つけたら手に入れておくのは悪く無いと思います。
ちなみにグイッと身体をへし折ると、パーツ分割が良く分かります。

背中の羽根(のような口)は、下半身とは接着されていません。
隙間にパコッと入っているだけですね。
胸より下はワンパーツで作られています。

恐竜的というか爬虫類的な足ですね。
かかとの造形が不思議な形をしていました。

なんか底上げしてあるんですよ。
実物もこんなデザインなのでしょうか??

ちなみに、膝裏にはウロコがありません。
実物のスーツもそうなんでしょうね。
素体の上に表皮を被せるような形状になっているので、可動関節を仕込むことはできそうです♪
尻尾。

結構長いです。

旧版では赤く塗装されていた模様も省略されて、根本付近に赤いスプレーをプシュッとかけただけで済まされています。
まぁ、手抜き方法としては上手いと言えなくもありませんが・・・
そして、恒例 ULTRA-ACT(ダイナ)との比較。

残念なことにやや小ぶりです。
足が開脚気味なので、若干身長は低く見えてしまうのもありますが。
それでも、もう少し大きい方が良かった。

羽根(口)やら、尻尾やらでボリュームありますからね。
価格を維持する為に、ちょっと小さめになるのは分からなくもないですけど。(^^;
ハイパーゼットンと比べると、明らかに小さくなっているのが分かります。

肩の位置とか低いですよね。

塗装省略とかは後からリカバリの余地はありますが、モノが小さいのだけは救いようが無いですね。
以上、ウルトラ怪獣シリーズ EX ボガールでした♪

パーツ分割や造形等、見どころの多い良作です。
実売価格 \600程度で手に入る商品としては十分な魅力を持っています。
怪獣ソフビとしては、かなりお薦めできます。
店頭でも見かけなくなってきているので、見つけたらゲットして良いと思います。

ただ可動改造するには、ちょっとハードルが高そうではあり、あまり向いているキャラとは言えません。
ここにコストかけるくらいなら他のキャラを改造した方が効率的だと思います。

あとは身長が低いのが気になりますが、まぁギリギリ許容範囲ですね (^^ゞ

塗装がバッチリだった旧作品ならば★5ついったのですが、ちょっと手抜き感が漂うので、 EX 再販の評価としては減点入るかな?

お薦め度: ★★★★☆






GO BACK TO SAIBIKAN

inserted by FC2 system