マグマ星人 ブラザーブルー[ BROTHER BLUE ]
説明
ウルトラマンメビウス第16話『宇宙の剣豪』に(最初にちょこっとだけ)登場したマグマ星人の兄の方、 人呼んで「ブラザーブルー」です。

もともとマグマ星人はウルトラマンレオに登場した宇宙人で、レオの故郷 L77星を滅ぼしたという設定で、 レオの宿敵とも言うべき存在でした。
ただそれも序盤だけで、中盤に再登場した時は、ただのストーカーに成り下がっておりました。

そんな経緯もあり、すっかり今ではヘタレ宇宙人のポジションになっていることが多い気がします。
ヒーローショーのせいかもしれませんけどw

尚、メビウスに登場した時は、ぶっちゃけザムシャーのかませ犬でした。(^^;
目の赤い弟「ブラザーレッド」と組んで、2対1の戦いをしかけておりましたが、 あっさり二人揃って叩っ切られて爆死しております。
マグマ星人は、口元にスーツ内の人間の口元が思いっきり出ています。
そうでないスーツもあるようですけど。

個人的には、この人間的な目や口元が露出するのは大嫌いです。
ライダーの等身大の怪人じゃないんだからさ。
もっと宇宙人らしく(?)して欲しいのです。

本商品は、口元が差替え式で、3種の表情のそれぞれに銀色と肌色の2タイプが付属してきます。
色んなマグマ星人を再現できるようになっているんですね。
メビウスに登場したブラザーブルー・レッドは、口元は肌色でした。

でも本館では、上述の理由から銀色のタイプの口元しか使いません。
まだ宇宙人らしさがでますからね。

様々な個体がいるマグマ星人だが、このブラザーブルーは指折りの剣士である。
多くのマグマ星人がギラスに頼り切って鍛錬を怠る中、己の技を磨き続けてきた。
その実力は、宇宙剣豪ザムシャーに挑み、数度のつばぜり合いを繰り広げるほどである。

とはいえあくまでもマグマ星人。単独で戦いに挑むことは少ない。
ブラザーブルーが真正面から敵に挑み、その剣の腕前に敵の注意力が集まったところで、 弟のブラザーレッドが不意打ちで致命傷を与えるといった戦法を得意とする。

どこまでも卑劣な作戦ではあるが、真っ向から敵と対峙し切り結ぶブラザーブルーの剣技なくしては成立しない作戦でもある。
隠れた実力者なのだ♪
挨拶
ブラザーブルー: 「よぉっ♪
 俺はブラザーブルー、マグマ星人だ
 んでもって、こいつが弟のブラザーレッド
 こいつもマグマ星人だ。」
ブラザーレッド: 「いや、そりゃ分かるって
 俺がナックル星人だったらビックリだよw」
ブラザーブルー: 「え〜、何を話せばいいんだ
 一応、サーベル暴君とか呼ばれてます」
ブラザーレッド: 「出た〜、サーベル暴君w
 どんだけワガママだと思われてんだろうな、俺ら」」
ブラザーブルー: 「英語にするとサーベルタイラント」
ブラザーレッド: 「って、合体怪獣かよ!」
ブラザーブルー: 「何でもババルウ星人の手下とかいう設定まであるらしいぜ」
ブラザーレッド: 「えぇ、ババルウの!?
 ありえね〜w」
ブラザーブルー: 「後輩のくせに、常連客横から奪ってきやがって!
 とんでもねぇ野郎だ!!」
ブラザーレッド: 「それ、ウルトラゾーンの美容師ネタだろ
 分かりにくいって」
ブラザーブルー: 「え〜、後はストーカーとかしないので誤解しないでください」
ブラザーレッド: 「あー、それは言っておきたいね
 最初の奴が良く無かったよなぁ。
 しかもローランだろ?追っかけてたのがw」
ブラザーブルー: 「ありえねぇって
 マグマ星人の恥だよ、恥!
 ・・・
 ん〜、四コマ目だけどオチねぇな、俺ら」
ブラザーレッド: 「まぁ、いいんじゃね
 無理してボケる必要ねぇよ
 俺ら基本的に悪党だし」
ブラザーブルー: 「だな
 オチも付けないって、すげぇ悪だよな
 はい、残念でした―、おしまーいw」
ブラザーレッド: 「おしまーいw」
商品
ULTRA-ACT マグマ星人。
2011年5月に、ウルトラマンレオの敵役として ULTRA-ACT のラインナップ入りしました♪
造型的には、ウルトラマンメビウスに登場した兄弟版になっています。

面白いのは、ブラザーブルーとブラザーレッドの複数頭部が付属する点です。
まぁ、ようするに2個買えとw
マグマ星人 [ ALIEN MAGMA ]
  • ブラザーブルー [ BROTHER BLUE ]
  • ブラザーレッド [ BROTHER RED ]
2011年5月


inserted by FC2 system